文法

ifやswitchの条件範囲指定

Swift3からforループの範囲指定がmin…maxという表現になりました。
いつからかはわかりませんが、ifやswitchでも同じ表現が可能です。連続する複数の条件範囲を指定する際にすっきりします。

Calendar構造体のdateメソッドで年月日単位の送り戻しで1582年以降から9999年以前までの範囲を判定する際に使っています。

1582以上9999以下の範囲におけるif文判定
よくあるパターン:if n > 1581 && n < 10000 {}
範囲指定パターン:if 1582…9999 ~= n {}
1から5の範囲におけるswitch文判定
よくあるパターン:case 1,2,3,4,5:
範囲指定パターン:case 1…5:

これは便利。