ハロワ

こんにちは、世界!

プログラミングの世界では、とにかく「こんにちは、世界!」を表示するのがお約束。これができなきゃ先に進めないコトになっているので、慣例に従い最初のプログラムはこれにします。

xcodeなど諸々の準備を終えたらターミナルでVimを開きます。ファイル名をsekai.swiftにでもして、たった一行書き込みます。

print("こんにちは、世界!")

できた。では実行しよう。

$ swift ./sekai.swift
こんにちは、世界!

(*´ω ` * )

Swiftプログラマ、一歩前進!