xcal

とりあえず今日を表示してみる

まずは今日の情報を得るために「ハロワ / 野望篇」のDateあたりをいじってみる。

#! /usr/bin/swift
import Foundation
let now: Date = Date()
let cal: Calendar = Calendar(identifier: .gregorian)
let cal_comp: DateComponents = cal.dateComponents([.year, .month, .day, .weekday], from:now)
print("今日は\(cal_comp.year!)年\(cal_comp.month!)月\(cal_comp.day!)日\(cal_comp.weekday!)曜日")

では、実行!

$ ./today.swift
今日は2015年4月28日3曜日

…なんだよ、3曜日って。これ、DateComponentsのweekdayってやつは1=日曜、2=月曜、…、7=土曜となるらしい。

というわけで配列を使いまして、数字で表されている曜日を文字に変換します。

#! /usr/bin/swift
import Foundation
let now: Date = Date()
let cal: Calendar = Calendar(identifier: .gregorian)
let cal_comp: DateComponents = cal.dateComponents([.year, .month, .day, .weekday], from:now)
let weekday: [String] = ["日","月","火","水","木","金","土"]
print("今日は\(cal_comp.year!)年\(cal_comp.month!)月\(cal_comp.day!)日\(weekday[cal_comp.weekday! - 1])曜日")

配列は先頭から0,1,2,…と順番に呼び出せます。ハロワの補講の定数と変数に登場した型指定ですが、配列の場合は[]で囲んだ型がその配列の各要素の型指定となります。

$ ./today.swift
今日は2015年4月28日火曜日

できた!